糖尿病と診断されたら見ておこう!糖尿病とはこんな病気だ

糖尿病と診断されたら見ておこう!糖尿病とはこんな病気だ

糖尿病。たまたま行った健康診断で判明したり、別の症状で採血検査をしてはじめてわかった、という事例は少なくありません。糖尿病の初期はほとんど自覚症状がないため、医師に診断されても特に重要視せず、また、仕事が忙しく病院に来るヒマがないと治療を放置する方も実際多いものです。

 

先天性のT型と言うタイプもありますが、ほとんどが生活習慣の乱れによるU型と言う後天性のタイプです。前者はやせ型の方に、後者は肥満型の方に多いとされています。

 

診断は採血検査で可能です。血糖値あるいはHbA1cの値で診断しますが、血糖値は前日や採血前の食事で値が左右されるため、そういった事がないHbA1cの方がより正しい結果が得られるでしょう。

 

随時血糖値200mg/dl、空腹時血糖値126mg/dl、あるいは6.5%以上で糖尿病となり、一度になってしまうと二度と治ることはありません。正常値を保つようにコントロールし続けなければならない一生の病気です。

 

まずは食事療法から、そして運動療法があった上で内服治療となる糖尿病ですが、それでもコントロールがうまくいかなければ自己注射となってしまいます。毎日決められた量のインスリン注射をし続けなければならない大変な治療法です。

 

一番怖いのは糖尿病そのものではなく、合併症とも言われます。放置し続けると目が見えなくなったり、足や手などが壊死を起こし始め、酷いと四肢の切断も行います。高血糖になると意識を失い昏睡状態になることもあります。
腎臓の機能が正常に保てなくなり、体の老廃物を外に出すことが出来なくなると「人工透析」という治療法になります。2、3日に1回病院に通わなければならず、体への負担も非常に大きなものです。

 

ただし、うまくコントロールをすれば食事療法のみで治療し続けられる病気でもあります。放置せず、しっかり治療することが大切です。

 

また、内服治療やインスリン注射を行っている場合、低血糖症状にも注意しなければなりません。血糖値を下げる治療をしているものの、その時の食事量や運動量により、血糖値が下がりすぎて冷や汗や手足の震えが出る症状の事を言います。この症状が出た場合は、常にブドウ糖を携帯し、口に入れると数分で収まります。

 

免疫能力も低下するため、病気にかかりやすくなってしまう、怪我をすると治りづらいというデメリットもあります。

 

良いことなど何一つとしてありません。適切な方法で、早期のうちに治療することが大切です。

アルペンピュアウォーター 北アルプスの銘水


アルペンピュアウォーター 北アルプスの銘水

 

アルペンピュアウォーターは天然水を原料としたすっきりとした味わいのおいしいお水です。 

 

超軟水なので吸収性に優れ体に負担を掛けにくい特徴があります。

 

アルペンピュアウォーターならば、赤ちゃんのミルク作りからお年寄りまでミネラルウォーターを安心してご利用いただけます。

 

アルペンピュアウォーターの原料となっている長野県内の空間放射線等の測定結果も公式サイトに掲載されています。