糖尿病性ケトアシドーシスとは

糖尿病性ケトアシドーシスとは

糖尿病性ケトアシドーシスとは、糖尿病患者に起こることがある、血液が酸性に傾く病態を言います。早期に適切な治療をしないと昏睡状態になったり、死に至ったりすることもある重い病態です。

 

なぜこのような病態が起こるのでしょうか。それは、インスリンの不足が原因となっています。インスリンは、筋肉などの細胞に対して、エネルギー源となるブドウ糖を取り込ませる働きを持っています。インスリンは血糖値を下げるホルモンですが、それはつまり、血液中のブドウ糖を細胞中に取り込ませて使わせるようにすることで、結果的に血糖値が下がるというわけです。

 

ここで、何らかの原因によりインスリンが不足したとします。そうすると、血液中にブドウ糖があっても、細胞はそれを取り込めず、使えません。とはいっても、細胞のほうも諦めるわけにはいきませんね。細胞が活動していくためにはエネルギーが必要ですから、ブドウ糖以外のエネルギー源を捜し求めます。それが、脂肪です。体内の細胞はいっせいに脂肪を代謝してエネルギーを得ようとすることになるわけです。

 

さて、脂肪が代謝されると、その代謝産物としてアセチルCoAと呼ばれる物質が作られます。このアセチルCoAという物質そのものはとりわけ毒性が高いわけでも何でもなく、普通はさらに別の物質に粛々と代謝されていってしまいます。しかし、上に書いたように、あちこちの細胞がいっせいに脂肪を代謝することで、アセチルCoAがあまりにも多く作られ過ぎたとき、問題が起こるのです。

 

それは何かというと、肝臓で、この過剰なアセチルCoAを原料として、3-ヒドロキシ酪酸やアセト酢酸という物質が作られるようになってしまうのです。この3-ヒドロキシ酪酸やアセト酢酸は、その分子中にケトン基という構造を持っているため、ケトン体と呼ばれるのですが、これらは名前に酸とついているとおり、酸性を示すのです。血液が酸性に傾くことをアシドーシスと言いますが、糖尿病によって引き起こされる、ケトン体が原因となって血液が酸性に傾く病態、というのが糖尿病性ケトアシドーシスなわけです。

 

症状としては、高血糖による症状、すなわち喉の渇き、多飲、多尿に加えて、吐き気や嘔吐が見られることがあります。冒頭に書いたように、単にそれらの症状ではすまず、昏睡や死に至ることもある病態です。
ただし、普通は1型糖尿病の人に起こり、2型糖尿病の人にはほとんど起こることはありません。1型糖尿病の人は、このような病態に至る可能性があるということを認識しておくことが必要です。

中国語70日間習得プログラム 口コミと評価


中国語70日間習得プログラム 口コミと評価

 

中国語の勉強は難しいと思ってませんか?
中国語の文をダラダラと和訳している。

 

中国語スクールに通って、その場かぎりの練習をしている。
そんなやり方をしている人は要注意。

 

それでは膨大な時間やお金や労力を費やすだけだとか。
大手金融機関で働く中村清悟さんは、仕事で派遣された上海で、
中国語教育スペシャリストの講師陣が教える
「中国語上達学習方法」に出会い、その効果のスゴさに驚かされました。
そこで、彼は気付いたそうです。

 

中国語は、学習法さえ正しければ、短期間で、簡単に、しかも少ない費用で、
習得することが可能なのだと。
そのとっておきのノウハウとプログラムが公開されています。
「中国語70日間習得プログラム」。
中国語を楽しみながら、わずか70日間で習得することのできるプログラム。

 

中国語の口コミ人気ランキングでも堂々第一位を獲得しています。
「ノウハウ編」では、中国語習得のノウハウを吸収し、
「実践編」では、70日間の効率プログラムを実行。

 

さらに、中国語の発音をサポートしてくれる「動画発音講座サイト」も充実。
迷っているあなたには、中国語短期講座の無料登録がおススメです。