糖尿病の方に何故EDが多いのか? 糖尿病と食事

糖尿病の方に何故EDが多いのか? 糖尿病と食事

糖尿病は現代病のひとつとして知られているほか、生活習慣病のひとつとして恐れられている疾患です。体の中の血糖をコントロールすることができずに血管や神経、筋肉や臓器などあらゆる場所に障害を起こしてしまう病気として予防が喚起されているのですが、特に糖尿病の怖いところは色々な病気を発症する温床となってしまうところです。そのため糖尿病が元で色々な病気にかかってしまうというケースは少なくないのですが、その中のひとつとして男性が最も気をつけておきたいのがEDです。

 

EDとは勃起不全のことをさしており、これによって性行為をすることができなくなるため夫婦や恋人などのパートナーがいる状態では生活に支障をきたしてしまうことがありますし、何よりも男性としての自信を失ってしまうということから精神的にも負担がかかりやすい病気となっています。EDには色々な原因があるのですがその中のひとつに糖尿病があり、比較的それを原因としたED患者が多い傾向が見られています。

 

ではこれらはどのような関連性を持っているのかというところですが、最大の理由は動脈硬化であるとされています。というのも、糖尿病にかかっている人の特徴として全身の血管が動脈硬化を起こしているというものがあり、これによって内腸骨動脈から陰茎動脈などの勃起に関連する血管も硬くなってしまうため、結果として勃起不全の大きな要因となってしまうのです。

 

さらに動脈硬化の恐ろしいところは血管年齢を一気に上げてしまうというところであり、血管年齢が高くなればなるほど勃起するためにかかる血管への負荷が高くなってしまうため、なかなか通常の刺激では勃起することができなくなってしまうというわけです。特に性器海綿体の毛細血管は体の中でも特に細い血管で、動脈硬化により血流がもっとも低下しやすい血管であることから、その影響を大きく受けてしまうということになります。

 

このような理由から2つの疾患は密接な関係を持っており、その結果としてED患者が増えてきているということに繋がっているのです。ただし原因が分かっている分治療がしやすいというところは唯一のメリットであり、血糖コントロールをしっかりすることができれば動脈硬化も少しずつ改善し、血管年齢も下がりやすくなります。そのため勃起不全も改善することができる可能性があるといえるので、気になっている人はしっかり治療を行うことが重要となっています。

糖尿病と食事について

 

糖質指数の高い食事

 

食物繊維の少ない食事

 

炭水化物に偏った食事

 

糖分の多い飲料、お菓子

 

 

これらは糖分の吸収が早い食物、飲料です。

 

血糖値を急激に上昇させるリスク65 発芽舞玄米65。

 

また、食物繊維は糖分の吸収を遅らせる作用があります。、

 

食物繊維が少ないと、血糖値が上昇しやすくなってしまうので、

 

なるべく食物繊維がおおい食品をとるようにしましょう。

 

糖質指数とは・・・

 

食後血糖値に影響しやすい炭水化物ですが、

 

血糖値を上昇させやすいものと、

 

上昇させにくいものがあります。

 

グリセミックインデックスGIです。

 

米飯を100とした場合、各食品のGIは、

 

せんべい111 かゆ99 パン92

 

味噌汁 74 納豆 68 麦ご飯 65 発芽米ごはん 65

 

うそん 58 ばなな58 スパゲッティ 56 そば 56 いちご 46 りんご 41

 

となっています。

 

 

GIの低い食品は、血糖値を上昇させにくいですが、多く食べれば当然血糖値はあがりますので、注意してください。