糖尿病、高血圧にはビーファットで予防

糖尿病、高血圧にはビーファットで予防

 

ビーファットは体内に蓄積されている脂肪を減少させる作用があるので、食事などを食べた場合に脂肪分を30%以上を体外に排出することができます。

 

この薬を服用すると食事から摂取した脂肪分を減少させることによって、摂取カロリーを自然に減少させることができるので、無理なダイエットをせずに体重を減少させることができます。

 

ビーファットは糖尿病や高血圧治療をするための薬のジェネリック医薬品で、脂肪分の吸収を阻害することで体重を無理な食事制限無しに減少させるものです。

 

注意点としては脂肪分が大量に含まれている魚などを摂取すると消化されずに腸を通過した油が原因で軟便の症状がでることです。糖尿病を予防するためには炭水化物の摂取を控える必要があるのですが、脂質を多く摂取することで体重が増加するとインシュリンの働きが阻害されるので、糖尿病になりやすくなります。体重増加を防ぐための理想的な方法は食事制限と運動ですが、とくに有酸素運動が良いとされていて、毎日1時間程度ウォーキングをすることで糖尿病を予防することができます。

 

しかし運動が苦手な人の場合はウォーキングを毎日継続することができないので、それがストレスになって脳内物質の働きによって内臓脂肪やお腹のまわりの皮下脂肪が増えてしまいます。ビーファットを服用すると食事を気にせずに食べることができるので、ストレスが減少してダイエットにも良い影響を及ぼします。

 

この薬は副作用がほとんどないので、使い続けても健康に悪い影響はありません。注意点としてはβカロテンやビタミンEのような脂溶性ビタミンが体外に排出されることになるので、これらの成分を含んでいるニンジンやカボチャなどを多めに食べる必要があるということで、放置しておくと肌荒れやニキビなどの原因になります。使用方法は食事中や食後の1時間以内に摂取するという簡単なもので、毎食後摂取することでカロリー摂取量を減少させることができます。

 

大きな副作用がないのがメリットですが、ビタミン類が不足してしまうのでサプリメントなどで補給をして栄養不足を補うことが必要になります。ビーファットを服用する時の問題点としては胃腸の膨満感や、おならが増えること、油分を含んだ便が排出されることで、この薬を服用している間はこれらの症状がでるので、外出時には油を多く含んでいる食事を食べないようにするなどの一定の配慮が必要で、急な便意にも注意をしなければなりません。

 

 

 

糖尿病をほうっておくと、危険です。糖尿病性腎症や網膜症、最終的には足の切断まで重症化すると覚悟しなければなりません。

 

食事の前にインシュリンを打たなければなりませんし、

 

糖尿病は事前に回避できるようであれば、かくじつに治療しなければならない疾患なのです。

 

薬や、病院に頼る前に、

 

藤城式食事法を試してみませんか?

 

血糖値の改善に非常に有用と言う声が、藤城式を実践した人たちから届いています。

 

藤城式食事法の公式ページはこちら↓

 

 

藤城式糖尿病改善