妊娠糖尿病になった人は要注意!2型糖尿病の危険性

妊娠糖尿病になった人は要注意!2型糖尿病の危険性

今まで異常の無かった女性が、妊娠をきっかけに糖代謝異常に陥るのを妊娠糖尿病といいます。

 

妊娠中に分泌されるホルモンの中には、血液中の糖を分解するのを難しくするものがあります。通常、食べた物は消化や吸収の中でブドウ糖に変わり、すい臓から分泌されるインスリンに取り込まれることでエネルギーとして使われます。

 

しかし胎盤からプロゲステロンというホルモンが分泌されるとインスリンの働きを抑制したり、インスリンを壊す酵素が発生したりするので、血糖値がなかなか下がりません。およそ10%の人がなるとされ、症状が軽ければ出産してから正常に戻ります。しかし出産後も血糖値が高ければ、2型糖尿病に発展するため注意が必要です。

 

この病気は良好な血糖値を維持できないために、合併症のリスクを高めてしまいます。主な合併症には細小血管障害があります。その中の糖尿病網膜症は、初期症状はほとんどありません。進行するにつれて目がかすんだり失明したりする病気です。

 

高血糖によって黒目から入った光が結ばれて像が作られる網膜で、出血や虚血が起こります。放置することで眼球の形を保つ硝子体の内部が出血したり、網膜剥離に発展します。また腎臓は血液を濾過して尿を作る臓器ですが、高血糖によって腎糸球体という毛細血管が影響を受けると、腎機能障害に陥ります。

 

悪化すると尿にタンパクが増えて、腎臓が尿を作る働きも低下します。腎不全になれば血液透析を受けなければなりません。さらに高血糖なれば、ソルビトールという物質が異常に作られて神経細胞が代謝異常を起こしたり、神経細胞に影響を届ける毛細血管が障害を起こして正常に血液が循環しなくなったりします。

 

命に関わる危険な合併症が多いので、妊娠して血糖値が高くなった場合は、2型糖尿病にならないように治療を進めなければなりません。治療の基本は食事療法と運動療法です。食事では糖質とタンパク質、脂質の中で糖質の過剰摂取を控えます。

 

胎児への影響を避けるために無理にダイエットすることができませんが、ご飯やパンなどの炭水化物は糖として摂取されるのであまり多く食べません。栄養士が決めたカロリーを守って食事します。運動療法では食後30分に、血糖値を上げないためにウォーキングをすると良いです。

 

またマタニティヨガやマタニティスイミングも有効です。これらの方法で症状が改善されない時は内服薬を処方したり、インスリン注射を打ったりします。

藤城式糖尿病改善方法の詳細

藤城式食事法は以下のような内容です。

 

・血糖値上げる、又は下げる食品のリスト(GI値(グリセミックインデックス値)一覧表 3ページ)

 

・低血糖症の恐怖(35ページ)

 

・糖尿病総論(21ページ)

 

・たった3日で血糖値が下がる!糖尿病を克服する藤城式食事法(132ページ)

 

まずは糖尿病の基礎知識と食事法を実践するにあたっての栄養学と食品の知識を学んでいただく内容です。

 

また糖尿病を改善するにあたってのレシピを藤城式食事法では紹介しています。

 

糖尿病を克服するに当たって、低いGI値の食品を選ぶ必要があるからです。

 

もし、急な食生活改善が難しければ、徐々に変更していく方法でまったくかまいません。

 

大切なのは継続です。

 

 

また、このような教材を買って満足しないでください。

 

非常に盛りだくさんな内容なので、しっかりと藤城式食事法を学んで、糖尿病を克服したいと思う人だけに手にしてほしい商材です。

 

藤城式食事法の公式ページはこちら↓

 

藤城式糖尿病改善