糖尿病の方は食事時間をチェックしましょう

糖尿病の方は食事時間をチェックしましょう

食事の習慣に問題があるとすると、食後の高血糖に影響してくることがわかっています。

 

以下の項目について、いくつあてはまりますか?

 

食事時間が不規則
寝る前2時間以内に食事、間食をとる
食事にかける時間が短い
食事を抜くことがある

 

もし、当てはまる項目がある場合、食後の高血糖を疑う必要があります。

 

食後高血糖とは、食事をした後に血糖値が正常値を超えた値にまで急上昇することをさします。

 

健康な人は、インスリンがしっかり出て血糖値をさげますが、糖尿病の方は、インスリンの出がわるい、インスリンがなかなか効かないなどの理由から、血糖値が下がらない状態、高血糖が続くのです。

 

高血糖状態が続くと、血管をいためることになってしまうのです。

 

ではなぜ食事時間が不規則だと食後高血糖が悪化するのでしょうか

 

長い空腹のあとに量を多く食べると血糖値上昇幅が大きくなります

 

一日3回食事よりも1日2回、1回と回数が少ないほど食後血糖値が高くなります

 

けっとうちが 十分に下がりきらない状態で次の食事を取ると、血糖値がさらに高くなります。

 

 

つまり、規則正しい食事が必要ということです。

 

ポイントとしては、

 

一日の支持エネルギー量を朝食、昼食、夕食の3回の食事にほぼ均等に分割する

 

一定の間隔をあけて、規則的に食事をとる

 

規則正しく食事を取ると食後血糖値の変動を少なくすることができます。

 

つまり、食後高血糖の悪化、逆に低血糖を避けることができるのです。