糖尿病、高血圧にはビーファットで予防

糖尿病、高血圧にはビーファットで予防

「ビーファット」は、食事の中で摂った余分な油をカットできるといった点で肥満改善薬。ダイエット薬として有名になったゼニカルのジェネリック薬です。外食やアルコールを共にする飲み会などが多い人にとって、アルコールはもちろん気になる食事内容がどうしても揚げ物や肉類が多くなってしまいます。そんな時にビーファットに含まれる有効成分、オーリスタットが食事で摂った油の約3/1を体外に派出してくれる作用が働くので、特にダイエット中なのに外食や飲み会が多い人などは前もって飲むと効果的なのです。

 

そこには有効成分のオーリスタットが脂肪を分解する酵素であるリパーゼを阻害する機能があり、その働きによって食事の中に含まれる油の脂肪分を分解もせず、吸収もしないでそのまま体外へ排出するメカニズムになる事から、医療機関でも心臓病・糖尿病・高血圧・高コレステロールなどへ大きな効果があるとされ治療薬としても用いられています。治療を目的とするなら服用期間は約6カ月〜1年程度、一般的なダイエットを目的としての服用なら個人差はあるものの10日程度持続して服用すると効果があるとされています。

 

またゼニカルから同じ効果がみられる肥満改善薬が販売されていて、このビーファットは同様効果が実感できながらジェネリック薬という事もあり、低価格で購入できる点でも非常に使用者から喜ばれている手ごろなダイエット薬としても有名です。また脂っぽい食事が多いと思われる時だけ服用して、そうでない時は服用しないでよい点、食前・食事中どちらかに1回1カプセルを服用するといった服用方法にも、手軽に飲めるダイエット薬とされています。

 

注意したい点はビーファットは悪までも食事の中の余分な脂肪分の抑制をおさえることで体内の脂肪を余計にため込まない事を目的とした肥満改善薬なので、体重を極端に減らすといった目的ではないという認識をしっかり持ち過剰摂取は絶対に避けましょう。また副作用として有効成分であるオーリスタットが脂肪分だけではなくβカロチン・ビタミンA・D・E・Kなども一緒に排出してしまうので、ビタミン不足になったり、胃のもたれ、腸の不快感、油性または脂肪便などの症状が見られます。

 

 

食事に含まれる油を体外へ排出する作用があがゆえに、油性または脂肪便が出るメカニズムでもあり副作用とされていますが、きちんと余計な油が排出されているといった証拠でもあるのです。ビタミン不足の補足としてビーファットを服用中は野菜や果物を多く取り入れた栄養バランスのとれた食事を心がけ、このような副作用もあるという点も認識し、重症化する場合は医師への相談が必要です。

食後高血糖とは

食事をすると食物中の糖分が吸収されて、血糖値があがります。

 

健康な人ではインスリンが働いて2,3時間後には正常値に戻り140mg/dlを越えることはありません、

 

正常値は110mg/dlです。

 

しかし、インスリンの働きが不十分な人、インスリンの感受性が鈍っている人については、

 

140mg/dl を越えてしまうことがあります。

 

この症状を食後高血糖と呼んでいます。

 

一日の血糖値の動きは、

 

食事のあと、その都度血糖値があがります。

 

健康な人と、糖尿病患者さんの値の差は明らかに異なっています。