糖尿病に有効な有機性ヨード

糖尿病に有効な有機性ヨード

糖尿病になると、私たちの身体の血液は血糖値や悪玉コレステロール値が高い血液になっています。

 

血糖値の高い血液は過分の糖を含んでいるため、ドロドロの状態となっています。その血液が全身を駆け巡ると、毛細血管を含めた体中の血管も傷ついていったり、動脈硬化や合併症を起こしこしやすい状態となります。

 

このような糖尿病になった場合の治療としては、血糖値を正常に保つことを目的とした食事療法、適度な運動による運動療法や医者から投与される薬物療法などがあります。その中で近年、特に注目を集めているのが有機性ヨードです。

 

ヨードとは、ヨウ素のことをいい、この物質は体内で甲状腺ホルモンの材料となります。ヨードは身体の発育やエネルギーの産生を促すほか、身体が持つ免疫力にも大きく影響するなど、健康を維持するためには必要不可欠な栄養素の一つになります。またヨードは様々な食品にも含まれている物質で、中でもワカメやコンブといった海藻類に多く含まれています。そのため、ヨードを摂取したい場合は海藻類を積極的に食べることが有効です。

 

ヨードのには、無機性と有機性に区別することができ、私たちの身体に副作用をもたらす無機性と異なり、有機性は、血液中の余分な塩分、中性脂肪やブドウ糖の分解酵素の働きを活発にする働きを持っています。つまり、血液中に必要以上に存在する、余分なものを排除する役割を担います。さらに、血液中の活性酸素と結びつき、その活性酸素を無害化して体外へ排出するという働きもあるため、アンチエイジング効果が非常に高いと考えられています。
有機性ヨードが、糖尿病に有効となる働きとしては、糖尿病の代表的な症例である血液中の糖分の分解、ドロドロの血液に伴う動脈硬化の予防等があります。そのため、糖尿病の治療や症状の抑制に効果的な栄養素であるといえます。

 

また、糖尿病の他にも、動脈硬化、高血圧、肝機能障害、ガン、脳疾患、白血病、アルツハイマーなど、様々な成人病や疾患の回復、予防に効果があると期待されています。

 

有機性ヨードは、そもそも、結核の治療薬として開発され、体内での滅菌作用に優れており、放射線被ばく障害の治療薬として使用されてきました。無機性ヨードと異なり副作用が無く、安心して長期にわたって服用を続けることができます。もちろん、ほかの薬との併用も可能です。

 

このように糖尿病の対策として、有機性ヨードの摂取が有効であるといえます。

川村博士の視力回復法 ジニアスeye 口コミと評価


川村博士の視力回復法 ジニアスeye 口コミと評価

 

一般的には、視力が悪い人は、めがねをかけているけど面倒で、
コンタクトレンズは、経済的に高くつくし、最終的にレーシック手術を
受けて視力を回復されている人もいますが、それ以外の方法が、
川村博士の視力回復法なのです。

 

川村博士は、DS[右脳を鍛える]の発売や雑誌や本などでも紹介されている、
視力回復の第一人者として話題となっています。
数千人の方が川村博士の視力回復法 ジニアスeye を実践され高い効果を
体験されました。

 

14日間で0.4も回復しました。
視力は良かったのですが、出産を機に周りのものがぼやけるようになりました。
医師に相談しても出産の疲れで一時的なことでしょう。といわれただけでした。
川村博士の視力回復法 ジニアスeye を実践したところ視力も戻り、目が疲れなくなりました。 
本当に感謝しています。

 

0,02の視力が0,9に回復しました。
メガネヤコンタクトが常に必要で手術しようかと迷っていたとこる、
川村博士の視力回復法 ジニアスeye を実践して、いまでは、 メガネヤコンタクトが
必要なくなりました。