糖尿病患者の血糖値とヘモグロビンの数値

糖尿病患者の血糖値とヘモグロビンの数値

糖尿病とは何らかの原因で血液中のブドウ糖の量が多くなってしまっている状態をいいます。糖尿病は発症する原因によって1型と2型に分類することができます。1型は血糖値を下げる働きを担うホルモンのインスリンを産生、分泌する膵臓のβ細胞が損傷し、インスリンが産生、分泌できなくなってしまったことによって起こります。

 

一方、2型は肥満などが原因となってインスリンの作用する部位でのインスリンの感受性が低下することで、インスリンの働きが弱まることによって起こります。血糖値が高くても最初は口渇、多飲、多尿が起こるぐらいで、大きな問題となる症状は起こりませんが、徐々に血管壁などを糖化していき、長い年月を経て、網膜症、腎症、末梢神経障害の三大合併症をはじめとした様々な重篤な症状を引き起こします。こういった合併症を未然に防ぐためにも日頃から血糖値の管理を行う必要があります。

 

血糖コントロールにはインスリン注射製剤、スルホニルウレア系などの経口血糖降下薬が使用されます。その治療効果を把握するために様々な検査数値の評価が行われます。

 

まず空腹時血糖値がコントロール指標として用いられます。空腹時血糖値が80〜109mg/dlでコントロール優、110〜129mg/dlで良、130〜159mg/dlで可、160mg/dl以上で不可と評価されます。

 

また食後2時間血糖値もコントロール指標として用いられます。食後2時間血糖値が80〜139mg/dlでコントロール優、140〜179mg/dlで良、180〜219mg/dlで可、220mg/dl以上で不可と評価されます。

 

しかしこの2つの指標は検査前に治療を行い、食べ物に気を付けさえすれば、コントロール状態がいいと判断されます。つまり定期検査と定期検査の間の治療効果のモニタリングを行うことができないのです。そこで役に立つのがヘモグロビンの糖化進行度を測るヘモグロビンA1cです。ヘモグロビンA1cとは赤血球の主要構成成分であり、体中に酸素を運搬する役割を担うヘモグロビンが血液中の糖によって糖化されたものを指します。

 

一度糖化したヘモグロビンは元の糖化していない状態に戻ることはありません。また赤血球の寿命は120日です。よってこのヘモグロビンA1cは過去数か月の血糖値コントロールの指標となるのです。具体的には、ヘモグロビンA1c(NGSP)が6.2%未満で優、6.2〜6.8%で良、6.9〜8.3%で可、8.4以上で不可と評価されます。

藤城式食事法 血圧を薬なしで下げたいサラリーマンの方へ

今まで大丈夫だったのに、健康診断で高血圧と診断されたら・・・。

 

毎日の仕事でたまるストレス、

 

続く接待で、体はぼろぼろ。

 

しかし、病院に行く暇もなく、毎日インスタントラーメン。

 

そんな生活では血圧も上がって当然ですね。

 

通常、血圧を下げるには、病院でもらった薬を飲み続けなければならないというイメージありませんか?

 

 

そして、毎日の運動、制限された食事。

 

特に塩分を制限された食事は味気ないものですね。

 

なかなか継続させるのも難しいです。

 

しかし、最近では、ちょっとしたすきま時間を使って

 

 

自宅にいる間に高血圧の数値を下げている

 

人もいるようです。

 


【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)←クリック

 

 

高血圧治療のスペシャリスト、藤城先生をご存知ですか?

 

藤城先生いわく、

 

 

血圧を下げるために、運動も塩分制限も要らないそうです。

 

 

薬も飲みたくないし、運動も食事療法もな・・・。

 

というサラリーマンの方にオススメです。

 

 

藤城先生は断言されてます。

 

 

 

この方法なら3日で血圧は下がると

 

 

 

 

まずは、高血圧のことをもっと勉強する必要がありますね!

 

このプログラムが凄いのは、

 

120日で高血圧が改善されない場合、

 

 

全額返金という保証がついている事です。

 



↑クリック