糖尿病予防に適度な水分を飲みましょう!!|水を飲むメリットとは?

糖尿病予防に適度な水分を飲みましょう!!|水を飲むメリットとは?

糖尿病になると頻繁に喉が渇くので、水分をたくさん摂りたくなります。病気だから摂り過ぎると良くないのでは?と考えてしまうかもしれませんが、喉が渇くのには理由があります。

 

糖尿病は血液中にあるブドウ糖を処理する役割を担うインシュリンの働きが弱くなってしまうため、処理しきれなくなったブドウ糖が増えてしまった状態です。血液中のブドウ糖を血糖と呼びますが、血糖値が高いというのは血液中のブドウ糖の量が多いことを指します。

 

では、なぜ血糖値が増えると喉が渇くのでしょうか。液体は濃度の高い方へ移動していく性質があります。ブドウ糖の濃度が高くなった血液を薄めようとして周辺の細胞の液体が血液に移動します。その結果、体が水分不足を感じて飲み物の補給を指示するのです。

 

しかし、喉が渇いたからと言ってジュースや炭酸飲料などの糖分のたくさん入った飲み物は逆効果になり、却って体内のブドウ糖を増やしてしまいます。運動後などに飲まれているスポーツドリンクも糖分が入っているので避けた方が良いでしょう。

 

糖尿病予防に適しているのは、糖分を含んでいない水です。ミネラルウォーターやアルカリイオンなど色々な種類がありますが、糖分が入っていなければ血糖値が上昇する心配もないので、味や飲みやすさなどから好みの物を見つけましょう。

 

すでに血糖値が高く、本格的に糖尿病の予防をしたい時は、「バナジウム」の入ったミネラルウォーターがおすすめです。バナジウムは自然界に存在する金属で、インスリンによく似た作用をすることが研究で分かりました。バナジウムは富士山麓の湧水からも検出されているので、こうした天然のミネラルウォーターを飲むといった予防方法もあります。

 

予防対策として水を飲む時のポイントですが、少量をこまめに飲むようにしましょう。食べ過ぎは血糖値が上がる原因にもなるので、必要以上のカロリーの摂取は抑え、空腹時や食事をする前にはコップ一杯のミネラルウォーターを飲むようにすると、余分な食事を摂らなくてすみます。

 

インスリンは血糖値の上昇が確認された後に分泌されるので、早食いをしてしまうとインスリンの対応が間に合わなくなってしまいます。食事はよく噛んでゆっくりと食べるようにするとインスリンの処理も楽になり、食べ過ぎを防げます。

 

食べる量をコントロールするのは大変ですが、食事にかける時間を長くしたりミネラルウォーターを上手に取り入れたりして糖尿病の予防に役立ててきましょう。

ミネラルウォーターサーバー【Mizの樹】jp


ミネラルウォーターサーバー【Mizの樹】jp

 

「Mizの樹」は、軟水でありながらミネラルを豊富に含んだ阿蘇山のバナジウム天然水を使用したミネラルウォーターサーバーです。

 

地球環境から安全性、経済性、利便性までを備えた次世代のウォーターサーバーとして高く評価されています。

 

食品衛生法においても、一般細菌検査で細菌数0となっていて飲料水検査に適合しています。そして、電気消費量もCO2 も約50%の大幅削減を実現しています。

 

ミネラルウォーターサーバーは、便利であることや経済的であることが望まれますが、衛生的であることも忘れてはいけません。

 

「Mizの樹」は、衛生面も重視していて、メンテナンスも家庭で簡単に行えるように、安心、安全を極めた熱洗浄循環殺菌装置が装備されています。

 

また、お客さんからの熱い声から生まれた「Mizの樹」は、温水は60度〜92度の範囲で、そして冷水は5度〜14度の範囲で調節できる温度調節機能がついています。

 

外出の際や休日前は、節約モードに設定することでさらに節電が可能になっています。また、チャイルドロック付きなので、お子さんがいる家庭でも安心して使用することができます。