グルコサミン活用事例!グルコサミンと糖尿病

グルコサミンの活用方法:グルコサミンと糖尿病

「膝が痛くて階段の上り下りキツイな…」。そんな時にはグルコサミン。痛めた関節の細胞を再生・修復し動きをスムーズにする効果があると言われています。でも、少し待ってください。その膝の痛み原因はなんですか?単なる加齢によるものですか?それとも、体重が原因ということはありませんか?体重が多いと膝に負担がかかってしまいますよね。

 

でもすぐに体重を落とすのは大変だし、だからこそサプリメントの力を借りて…それも、確かに間違ってはいません。しかし、残念な事に体重の多い太った方に糖尿病を患っている方が多いと言えますが、実はその糖尿病とグルコサミンの相性が悪いなんてことも言われています。実際はどうなんでしょうか。

 

 

グルコサミンは血糖値を上げるという説があります。アミノ酸で形成されたブドウ糖ですから、摂取によって血糖値を上げてしまう効果を持つと言われています。しかし、実際には血糖値に影響を与えることはありません。ですから、糖尿病患者でも使用することは可能です。それでも、油断は禁物なので、かかりつけのお医者に事前に相談する方が良いでしょう。

 

しかし、ここでよく考えなければいけないのが、血糖値を自分でコントロールが出来ている人に限り使用はOKなのですが、血糖値をコントロールができていない人、または、血糖コントロールの悪い人は、影響がないとは言い切れません。なぜなら、グルコサミンにはインスリンの働きを悪くするという作用があるからです。

 

インスリンの働きが悪くなると、血液中の糖分を上手に処理することができなくなってしまうので、血糖値が高くなってしまいます。血糖値をコントロールするために、インスリン注射をしていても、サプリメントを摂取することで、インスリンの働きが悪くなっては意味がありません。ですから、重度の糖尿病を患っておられる方はお医者さんとよく相談した上での使用をお勧めします。

 

 

グルコサミンには、すり減った関節を再生する効果の他にも、皮膚の保湿にも作用するので美肌効果も期待できます。また、カニやエビなどの甲殻類の殻、魚の頭やひれ・眼球、ウナギ、アンコウ、フカヒレ、などに多く含まれていて、1日の摂取量の目安は、1,500mgのと言われています。これだけの量を食品だけから摂るのは、正直なところ、難しいですよね。ですから、できればサプリメントで補給したい大事な栄養素ではありますが、糖尿病の患者さんはよく注意して摂取していきたいですね。

オーケンウオーター MERCY100


オーケンウオーター MERCY100

 

オーケンウォーターが販売しているMERCY100は、富士のバナジウム天然水、大分天領の名水、京都・丹波の名水の中から、選べるシステムになっています。

 

東日本大震災以降、原発の影響から、身体に安全な水が重要視されているため、水に対する意識が高まり、ミネラルウォーターの需要が高まっています。

 

飲み水のほか、お米を炊く際の水、お味噌汁など、一日に摂取・使用する水は安全で安心して使えるものでなくてはいけません。

 

店頭で水を購入するとなると、重たいものですから、買い物も大変です。

 

オーケンウォーター・MERCY100のような、宅配で水が自宅に届くシステムですと、
ご年配の方や、主婦の方でも重たい思いをせず、手軽に購入できます。

 

使用後のボトルも使いきりで返却が不要なので手間がかかりません。
富士のバナジウム天然水、大分天領の名水、京都・丹波の名水ともに、バランスの良いミネラルが豊富に含まれ、水の質が良く、口当たりが良いおいしい軟水です。

 

ウォーターサーバーはレンタル無料で、空気中の雑菌やカビ菌、ホコリ等の混入を防ぐ特殊なクリーンフィルターを使用しているため、定期的なメンテナンスが不要です。

 

冷水5度、温水90度と、冷やす手間も、沸かす手間もありません。
定期購入が可能なため、ご家族の人数、使用頻度により、ご自宅に合ったペースで注文することができます。