EPA豆知識:エイコサペンタエンサンと糖尿病との関係

EPA豆知識:エイコサペンタエンサンと糖尿病との関係

糖尿病の合併症には、動脈硬化症があります。血管が柔軟性を失ってしまう症状で、進行すると脳梗塞や心筋梗塞の原因になります。

 

糖尿病は、膵臓のインシュリンがうまく分泌されなかったり(1型)、分泌されてもうまく働かなかったり(2型)することで血液中のブドウ糖濃度が常に高くなってしまう病気です。

 

何が問題かというと、ブドウ糖には血管や神経を傷つけてしまう性質があるからです。

 

血管が傷つけられれば、それを補修するために、肝臓から大量にLDLコレステロールが分泌されて高脂血症になり、血栓ができやすくなります。

 

この改善に一役買ってくれるのが、EPA(エイコサペンタエン酸)です。EPAには、血管を柔らかくしたり、血液をサラサラにする作用があると言われています。

 

血栓予防、動脈硬化予防、中性脂肪やコレステロール値を減らす効果も期待できます。

 

EPAは他の物質に比べて特に中性脂肪を減らす効果が高く、高脂血症の予防への効果が注目されています。中性脂肪を減らせばダイエットにつながります。また、最近の報告によるとEPAにはGLP-1という痩せホルモンの分泌を促してくれる働きがあると言われています。

 

糖尿病は肥満によって起こるリスクが高くなる病気ですから、痩せるホルモンの分泌促進効果は糖尿病予防にもつなげることができます。

 

EPAが多く含まれているのは、イワシ、サバ、アジ、サンマ、マグロ、カツオ、などの青魚です。ただし加熱調理すると成分の一部が流れてしまうので、効率よく摂取したいならば刺身がベストな食べ方です。

 

酸化しやすい性質があるので、酸化防止効果のあるビタミンCやビタミンEが含まれる食品と一緒に食べると効果的です。例えば、刺身に柚子(ビタミンC)を絞ったり、ゴマ(ビタミンE)を振りかけてみるとアクセントにもなりますし、酸化防止効果も得ることができます。

 

1日の推奨摂取量は1000mg(1g)とされていますが、妊娠中の人は水銀が胎児の発育に影響する可能性もありますし、魚嫌いの人だと1日の推奨摂取量を食事からだけで摂取するのは難しいです。この場合にはサプリメントを使って摂取しても良いでしょう。

 

特に良い摂り方は、DHA(ドコサヘキサエン酸)と一緒に摂る方法です。DHAはひらめきの成分と言われており、認知症予防などへの効果も期待されています。
ほとんどのサプリメントは両方入っていることが多いですし、両方一緒に摂ることで健康への相乗効果が期待できます。

プラセンタローズプレミアムお試し

プラセンタローズプレミアムお試し

 

プラセンタをご存知ですか?

 

プラセンタは、肺(呼吸作用)、肝臓(代謝作用)、腎臓(排泄作用)、脳下垂体・卵巣(内分泌作用)、脾臓(免疫作用)に効く万能な成分です。

 

そして、ミネラル、ビタミン、アミノ酸を豊富に含んでいて、女性に嬉しい美容効果ももたらしてくれます。

 

そのプラセンタが配合された化粧品「プラセンタローズ」が今お試し限定100セットを販売しているのです。

 

プラセンタローズで乾燥していた肌に潤いを与えてみませんか?

 

同時に健康で美しい女性へと生まれ変わることができます。タレントのインリン・オブ・ジョイトイさんもお気に入りの化粧品として雑誌で紹介しています。

 

また、スカイパーフェクTVでも配信され、今や注文が殺到している人気商品なんです。

 

プラセンタローズでは、女性の美しくしてくれるプラセンタを88%も配合しています。使い続けるほどに効果を発揮し、みるみるうちに美しい女性へと導いてくれるのです。

 

お試しセットは、プラエッセンスゲル美容液とモイスチャークリームのセットとなっています。限定100セットなので、気になった方はいち早く申し込んでください!

 

プラセンタローズで綺麗の元を手に入れる。プラセンタ保湿美容液とプラセンタローズクリームセットお試しでお得です。プラセンタ88%配合しており、美肌が手に入ります。

 

またプラセンタ(胎盤エキス)は芸能人、スポーツ選手、政界に至るまで多くの方に愛用されています。