食後高血糖は危険?

食後高血糖は危険?

食後高血糖は、血糖値の変動が大きいです。

 

グルコーススパイクと呼ばれています。

 

血糖値の変動幅が大きいほど、血管に負担がかかり、血管壁が傷つきます。

 

さらに炎症が起こり動脈硬化が進行、

 

心筋梗塞と脳卒中の危険を高めてしまうのです。

 

それでは、食後高血糖はなぜ起こってしまうのでしょうか

 

糖尿病、糖尿病予備軍の人は、食事で血糖値が上がってもインスリン分泌が足りない、

 

インスリン分泌が遅いといったことが起こり、食後高血糖をおこしやすくなります。

 

 

血糖値があがりやすい食事、不適切な食習慣は

 

食後高血糖を悪化させてしまいます。

 

遺伝的要素、食後高血糖をきたしやすい食事、過食、高脂肪食、運動不足

 

などがあげられます。

 

十分気をつけてくださいね。

食後高血糖は危険?記事一覧

たった数日で血糖値が改善する方法とは?

このままだと5年後に失明しますと健康診断で言われたらどうしますか?糖尿病が悪化すると、失明の可能性があります。悪化する前に、治療してください。これは切に思います。失明だけではありません。透析に導入する可能性もあります。神経障害に陥る可能性もあります。糖尿病だけは放っておかないでください。本当に大変な...

≫続きを読む