糖尿病だとインプラントにできない?歯の治療に不安なら

糖尿病だとインプラントにできない?歯の治療に不安なら

インプラントは通常の健康体であれば非常に「成功率の高い」治療法の一つですが、

 

骨密度が少ないなどの骨粗鬆症、貧血、高血圧、糖尿病、心臓病などの持病がある場合は、

 

正確には「出来ない」ではなく必然的に「成功率が低くなる」と言った方が正しいです。

 

そこには治療を行うのは実際には口の中ですが、骨との結合の影響、傷口が治りにくいといった治療期間が長くなること、

 

手術によって緊張・不安などの精神状態で持病の悪化の要因になるといった外部からの影響、持病への影響も考えられるからです。

 

特によく耳にする「糖尿病の人はインプラントができない。」というのも、

 

インプラントは残された歯を土台とせず歯肉を土台とする環境下が直結するからです。

 

糖尿病が重症化または進行している場合は、抵抗力や免疫力が低下している可能性が高く、その環境下で手術を行うことは「土台がしっかりしていない」という事がまず初めに考えられます。

 

また糖尿病の患者さんは高血圧との合併症も考えられる点、

 

また血糖値が高いケースが多く歯ぐきの血管が細く、歯ぐきの弾力も弱いといった点でも、「歯周病になりやすい」というリスクもあります。

 

仮に手術を成功させても歯周病になってしまえば、脱落する可能性がグンと高まります。

 

また手術の際でも骨との結合が悪い点、傷口がが感染しやすい、また骨と結合するときに骨吸収が過度になりすぎる結果、術後の脱落といった失敗が高くなるとも言えます。

 

持病を持っていない人よりリスクはあるものの「できない」わけではなく、手術を行う患者の立場にある私たちがしっかりとした知識を身に着け、

 

信頼できる歯科医師を選び、手術を受ける際に大切な重要ポイントを守れば、インプラント手術も可能なのです。

 

まずは手術を行う前に血糖値を下げ安定した血糖値をコントロールすることが大前提です。

 

また血糖値が高いと手術後の感染症にもつながるので糖尿病の担当医と歯科医師の両方の医師へ十分な指導と相談が必要です。

 

また出術中の緊張や恐怖心によって血圧が急激に上昇する場合が考えられるので、

 

その際に効果的な血液上昇を抑制する点滴麻酔を用いた鎮静法なども行うといった歯科医師の取り組みの確認も必要になります。

 

また手術の際には麻酔するので、麻酔が切れ傷が治癒するまで時間を空けなければならないため、

 

長時間の食事が避けられるために起こりうる、低血糖に注意する必要があります。

 

糖尿病の患者さんへのインプラント手術の経験が豊富な点で歯科医師選びをするなどの工夫で、

 

手術前に正しい知識と情報を確認し信頼できる歯科医師を選ぶのが一番大切です。

ユーポス 車買取専門店


ユーポス 車買取専門店

 

車買取専門店「ユーポス」は、関西エリアを中心に広く展開しています。

 

車を売る際は、下取りに出した方が、値段が高くつくように感じますが、

 

ユーポスのような買取専門店の方が高く売れる場合があります。

 

ユーポスは、関西地区最大級の「ベイ・オーク」というオークションに速やかに出品し、
在庫を一切おかないことで、コストを削減しています。

 

その分、在庫をかかえ、維持費や管理費などがかかる他店よりも、高額な査定が可能となっているのです。

 

ユーポスなら、カーコンポやナビなどのオプションパーツや、
ノーマルパーツも査定額にプラスされることがあります。

 

リサイクル店では、ノーマルパーツは買い取ってもらえませんので、
車を売る際にアピールすると査定額が上がることもあるようです。

 

また、東日本大震災の影響で、新車の生産が不安定となり、中古車の需要が以前よりも高まっているようです。
車を売るなら、一日でも早い方がよいとされています。

 

出張査定もありますので、お悩みの方は、一度相談されてみてはいかがでしょうか?

 

ユーポスのホームページには、車を高く売るためのポイントなども記されています。

 

ご自分の愛車だからこそ、少しでも高く売りたいものです。